派遣社員のオレ、社長になったオレ

こんにちはつっちーです。
今日は派遣社員のオレ、社長のオレというタイトルにて
お話してきます。
 
 
派遣社員だった自分と、
株式会社の社長となり、
代表になった自分がどう変わったのか?
 
自分の考えや価値感の変化などについて、
お話していきます。
 
 
 
まずお金と時間に対する概念が
まるっきり変わりました。
 
派遣社員時代はお金がないので、
よくありがちですが、スーパーに行った際、
 
お惣菜やお弁当が半額になるまで待ち、
お店の中をぐるぐる回って時間を潰して、
みたいなことをやっていました。
 
 
その当時、
手取り20万前後あったと思いますが、
その中から、色々な勉強の教材などを買ってたので、
なるべくお金は使いたくなかったし、
 
派遣社員として働く部分でしか
お金が入ってこなかったので、
色々とやりくりを考えなければいけませんでした。
 
 
でも社長になり
自分でお金を稼げるようになってから、
習慣として同じ事をしていた時に、
 
あれっ?
300円安くなる為に
オレは10分近く待ってるけど
この10分を仕事に使ったら
1万円ぐらい稼げるな。
 
と思い、時間とお金の概念が逆転し
お金よりも時間を惜しく感じるようになりました。
 
 
 
時は金なり、ということわざがありますが、
お金は自分が頑張ればいくらでも稼ぐ事ができます。
 
しかし、時間だけはどう頑張っても増やすことができず、
誰にとっても1日24時間は変わりません。
 
 
もし純粋に、自分の時間が増える商品が、
パッケージングされて売っているのであれば、
土下座してでも買いたいレベルです。
 
でも、次元を超越したり、
ドラえもんが近くにいないと、そんな事はできないので、
社長になった今は人の時間を買うという選択肢を取り
自分の時間を増やすようにしています。
 
つまりは、社員・スタッフを雇ったり、
外注さんに仕事をお願いする。という事です。
 
 
以前は、せどりの作業も全部自分でやっていましたが、
 
今は外注さんにリサーチを任せたり、
梱包作業や配送に関しては業者さんにお願いしたり、
その他諸々の細かい事はスタッフの子にやってもらってます。
 
 
社長という立場になってからは、
いかにして自分が作業に追われる事なく、
その時間を使ってビジネスを動かすアイデアや思考を考え、
 
自分1人の力ではなく、周りの人の力を借りて
時間を短縮し、ビジネスを大きくしていのか。
そう考えられるよう、自分の考え方が大きく変わりました。
 
 
 
他にも、ありきたりですが
レストランなどで外食した際に、自分が食べたいモノよりも、
値段を気にして注文していた状況がありました。
 
 
お店選びをする時は、お金も時間もなかったので、
牛丼屋やファーストフード、カップ麺など、
 
安くて手軽に食べれるものなどを選び、
決して体に良いもの食べているとは言えませんでした。
 
 
 
しかし今は、そう言ったお店に行く事もなくなり、
体に気をつかった食事を食べれるようになりました。
 
 
以前は、体に気を使う事ができず、
その結果体調を崩すこともしばしばありました。
 
しかし今は、安いもの食べて体調を崩すことが、
どれだけ効率の悪いのか。ということにも気づきました。
 
 
 
そういう意味ではお金がない状態では、
自分の体や健康に投資できない状況があるわけです。
 
あなたも風邪をひいたり体調崩したりすると、
健康であることが本当に何よりも大切に感じると思います。
 
また、昼はコールセンターで働き、
夜は自分の事業を形にするために
必死こいてたわけですが、
 
必然的に運動不足になり、
肩や首のコリだったり、
腰痛にも悩まされていた時期がありました。
 
 
 
その部分でも、
社長になってお金と時間を
自由に使える立場になった事で、
しっかりとケアできています。
 
今僕は月会費、4万円のジムに通っているのですが、
そのジムは必ずトレーナーさんがついてくれて、
しかも行き放題という、東京23区内のパーソナルジムとしては
ありえない価格設定です。
 
それでも「ジム通いに毎月4万円払ってる」と言うと、
みんなにビックリされます。
まぁ、僕も派遣社員だったら、
絶対出せない金額だったでしょう。
 
 
そのジムに体験レッスンではじめて行き、
トレーニング+ストレッチで体を診てもらった時に、
トレーナーさんに
 
「体、バッキバキで硬いですね。
これじゃあ、肩こりや腰痛も出ますよ。」
 
と言われました。
 
 
運動不足がたたると、
筋肉が固くなり、肩こりや腰痛といった症状が出てきます。
 
また体や骨が弱くなって、
ちょっとした事で骨折するようになります。
 
体が弱くなれば、寝たきりになったり、
直接的ではないものの、死亡のリスクも高くなります。
 
他にも運動する事によって、
記憶力や思考力などがアップし、
脳の機能が高まる事が科学的にも判明されています。
 
 
 
そう考えた時に、派遣時代には
そういった事ができなかった自分がいた訳で、
お金の自由度が増し、
健康面にも投資できるようになった自分とは、
かなりの差があります。
 
 
そんな感じで、以前は
目の前の現実、自分が未来に対する投資や
ケアを怠った事で発生した問題にばかり
対応しなければいけない状況がありましたが、
 
今はそういったことが起こる前に対処できる、
時間とお金の余裕をもてるようになりました。
 
 
わかりやすく言えば、派遣社員のときは、
お金も時間も健康も、
それに付随するメンタルも余裕がなく、
常に何かに追われている。
 
それはまるで、いつもどこかで火事が起こってる状態でした。
 
社長になった今は、
お金と時間に余裕があるから、
火事が起こる前に防火ができてる。
 
問題が起こってからアタフタするのではなく、
対策がちゃんとできている。
 
対策ができているから、
変に不安を感じる事もなく、
その結果、精神的にも肉体的にもゆとりを持てる。
 
好循環な良いスパイラルがあります。
 
 
そんな感じで、派遣時代と社長時代とでは、
考え方も価値感も生活も、まるっきり変わった訳です。
 
 
僕自身は、そんな自由度を高めていくために、
変わらず努力を重ねて行っていますが、
このメルマガでは
つっちーが、どうやって変わっていったのかを伝えてきます。
 
引き続きぜひ楽しみにしていてください。