せどりで稼ぐオフで飲みました~。ホームレスを使って稼ぐ方法を伝授

せどりで稼ぐオフ会

こんにちはつっちーです
今日は「せどりで稼ぐオフで飲みました~。ホームレスを使って稼ぐ方法を伝授」
というタイトルにてお話していきます。
 
 
せどりって自分1人でやってる人がすごく多いですが、
自分だけで出せる結果は1馬力なので小さいものです。
 
人の力を使ってレバレッジをかければ
必然的に売り上げも利益も伸びるので、
 
ビジネスをする上でこの考えを持っていれば、
少ない労力で大きな結果を出すことができます。
 
ホームレスを使って稼ぐって、
一体どういうことなのか?
気になる人多い思いますが・・・。
 
 
 
まずは自分のコンサル生とオフ会をした時に
面白いやり方で稼いでる人がいたので、
その方法を紹介したいと思います。
 
 
ゲームやおもちゃをメインで扱っているKさんですが、
ゲーム機の本体を、ただ普通に出品してしまうのではなく、
あえてゲーム機にケースやオプションなどをつけ、
新しい商品ページを作って販売する。
 
こうする事で他の出品者との差別化を図り、
価格競争を避けることができ、
値崩れで疲弊しない戦略を取っている・・・。
 
で、
これはゲーム機だけではなく、
おもちゃでも実践されている。とのことでした。
 
 
僕はよくプロテインバーを食べるのですが、
今まで食べたことない味の商品は、
箱で買うよりも、1本だけ試してみたいと思うことがあります。
 
そんな時メーカー販売のものは、
箱買いでしか買えませんが、
とある出品者さんがお試しセットで
1本ずつアソート品として販売してるものがあります。
 
他の出品者がいないので、
価格競争に巻き込まれず価格をキープできてるし、
消費者の僕からしても、お試しで失敗しないで済みます。
 
こう言ったアイデア、知恵を絞ったやり方は、
ひと手間かかりますが、その分利益を確保できる
やり方だと言えますね。
 
 
 
別のSさんは、
中古カメラをメインに販売してるとのことでした。
 
僕も話を聞いていてすごく勉強になったのですが、
カメラって新しいものだけが良いのではなく、
古いカメラでしか出せない、色彩や雰囲気、
色合いがすごく魅力的との事。
 
 
今のカメラはデジカメがほとんどですが、
フィルムを使うと味のある写真が撮れるし、
撮影したフィルムを、虫眼鏡で見れたりするのも
アナログだけど楽しい。
 
データでパソコンに保存しとくと、
取り出せなくなったり、消えちゃうリスクが高いけど、
フィルムだったら残る。
 
だから、そういった市場では
中古のフィルムカメラでも高値で売れるとの事。
 
 
あと、Sさんは自分がカメラ好きというのもありますが、
日本人は、ファンやマニアが多く、市場もにぎわってますよ。
と言っっていました。
 
 
 
ビックカメラ
ヨドバシカメラ
カメラのキタムラ
 
という、カメラと名の付く家電量販店があるように、
日本人ってカメラ好きが多いんですよね。
 
メーカーも、
有名どころは、かなりの数日本メーカーですし。
 
 
僕もカメラではすごく稼がせてもらっていますが、
スマホのカメラ画質が上がってるといっても、
本当に好きな人からするとまだまだだし、
 
微妙な色合いや雰囲気は、カメラのモデルによって異なってくるので、
今後も変わらず熱い市場だと言えますね。
 
 
さてさて
参加者の方から、いろんな情報交換ができた中で、
僕のホームレスを使ったレバレッジのかけ方について。
 
僕は東京に住んでいるので、
家電量販店があるような主要駅周辺には、
大体ホームレスの方がいたりします。
 
 
これはとある家電量販店で、
ソニーのTX 30というカメラが、20台限定で販売された時の話です。
 
http://mnrate.com/item/aid/B00BQ6VJD4
http://mnrate.com/item/aid/B00BQ6VK7E
 
これはめちゃめちゃ人気のカメラでして、定価が29800円に対して、
Amazon での、販売価格が78000円という、超プレミア価格な商品になります。
 
それまでにも
何度かホームレスの人に手伝ってもらった事があったのですが、
その日ばかりは何としても数を多く手に入れたいと思い、
かなり早くからお店に行きました。
 
そして以前に一緒に買ってもらった人に、
ホームレスの友達や知人を集めてもらえないか、
という事を合わせてお願いしました。
 
もちろん、朝並んで商品を買ってもらう事に
報酬を支払う約束をしたのですが、
その時は2時間並んで5000円払うこと約束しました。
 
普通のアルバイトでも、
こんなに良い時給はあまりないでしょう。
 
僕らも駅周辺にいたホームレスの人に片っ端から声をかけて、
自分とスタッフ合わせて、合計10人を集めることができました。
 
やっぱ、金の力はえげつないです、ハイ(笑)
 
その結果、無事に10台購入することに成功しました。
 
 
ホームレスの人って良くも悪くもすごく自由なので、
ちょっと目を離すと列から抜けようとしたりします。
 
また、商品を買う為のお金、
数万円とかを最初に渡してしまうと、
そのままどこかに行ってしまう危険もあります。
 
っていうのも、最初にその方法でやったら、
ふらふら~っと、どっか行こうとした人が何人かいたので(苦笑)
笑えないですけどね。
 
 
なので、自分が先頭に立ち、間にホームレスの人を挟んで、
最後にうちのスタッフがいて、みたいなサンドイッチで並んで、
注意しなければいけない面もあります。
 
ホームレスの方を使ったやり方は、
本当に特殊なやり方ではありますが、
 
1人1台しか買えない商品・・・。
例えば、PSVRやスイッチなどの人気ゲーム機を、
友達に頼んで一緒に購入してもらう。
 
みたいな事は、みんなやった事があるのではないでしょうか?
 
 
このように、他の人の力を使ってレバレッジをかける。
 
僕なんかは店にいる暇そうな人に声をかけて、
 
「すいませーん・・・。
実は、一人一台しか買えない商品があるんですが、
ちょっと訳あって、何台か欲しくって・・・。」
 
と声をかけ、購入をお願いし、
同じ商品を何台か買ったことがあります。
 
 
高校生、大学生ぐらいの男の子が数人いたりすると、
商品を持ってきて、レジに並んで会計して、
 
という5分、10分で出来るアルバイトで、
僕はお礼として1000円とか渡していたので、
めっちゃ喜んでやってくれました。
 
そんなことも、オフ会メンバーに伝えたりしました。
 
 
 
せどり、物販に関しては、
10人いれば、10通りのやり方があるみたいな感じで、
みんな別々で、いろんな事をやっていてすごく面白かったです。
 
ここでは書ききれないぐらい、
いろいろな話をし、連絡先交換などしていましたが、
自分発信でみんな有益な情報交換ができ、
活気のある場所が持てるって、やっぱりいいですね。
 
 
今後も、勉強会、オフ会、
普通に飲んだりお茶したりできたら、と考えているので、
ぜひあなたとも、懇親会とかでお会い出来たら嬉しいです。
 
なにか企画する時は、このメルマガ案内します。