せどりでお金を稼ぐためにまずやった3つの事

せどりで稼ぐ為の3つのポイント

こんにちはつっちーです。

今日は
「せどりでお金稼ぐためにまずやったこと」
というタイトルでお話してきます。

せどりで稼ぐために
つっちーは何をしたのか?
まず最初に何をやったのか?
について。

結論から言うと、3つあるのですが、

1つ目はコンサルを受けた事。
2つ目はリサーチを徹底した事。
3つ目は売上管理表をつけた事。

になります。
 
 

◆1つ目はコンサルを受けた事

 
僕はせどりをはじめる前、
コンサルを受けて、
重要な部分を教えてもらい、
時間を短縮して、
さっさと結果出そうと
考えました。

というのも、それまで
色々なビジネスをやってきた中で、
自分で本を読んだり
ネットから情報を仕入れて試してみたものの、
やっぱり時間がかかり、

また途中で詰まったりで、
思うように結果が出ず、
そこから先へ進めない。
みたいな事で苦労しました。

いろんな事が中途半端になり、
時間もお金もムダにしてしまったので、
いっそ誰かの教えを直接受けた方が良いと
判断しました。

その結果は間違っていなくて、
せどりに関しては
たった1ヶ月で200万円ほど売り上げ、
すぐに脱サラすることができました。

なので別にせどりじゃなくてもいいし、
僕じゃなくてもいいので、
何かビジネスを始めたいのであれば、
誰かに教えてもらい、
できればコンサルをつける方法は
どんな仕事をする上でも
一番手っ取り早く結果を出すやり方だと
思ってます。

これってごくごく普通に考えてみても、
僕らは学校の先生に国語や数学を習って、
理科や社会、英語などを教えてもらったから、
それを使いこなせるわけです。

でもビジネスになると
何故だか独学を決め込み、
自分でやろうとする人がいますが、

改めて、
手っ取り早く結果を出したいのであれば、
成功してる人の教えの通りに真似をした方が、
すぐに結果でます。
 
 

◆2つ目はリサーチを徹底した事

で、僕がしたことの2つ目は、
とにかく商品をリサーチし、
それをエクセルのデータにまとめた事です。

どういう事かというと、
例えばソニーのカメラが売れるとなった場合、
片っ端からソニーのデジカメのリサーチをして
どういった時期に価格が上がっているのか?
より売れやすいモデルは何なのか?
ってことを、モノレートなどでチェックし、
それをエクセルにまとめていました。

それを続けていくと、
自然と利益が抜ける商品が
わかってくるようになり、
また、たまったデータが
非常に強い武器になります。

ここらへんのリサーチ方法や、
データ収集向けに作成したエクセル表は、
教材にて配布しているので、
詳しく知りたい方は、
そちらを参照してください。
 
 

◆3つ目は売上管理表をつけた事

最後の3つ目は、
絶対に売上管理表をつける。
ということです。

せどりをやる人の中には、
売上管理表をつけず
実際にいくら稼いだのか、
一つの商品においてどれぐらい損を出したのか?
そういったことを全く把握してない人がいます。

しかしせどりといえど、
立派なビジネスなので、
自分がいくら儲かっているのか?
逆に損をしているのか?
売上を管理せず
そのままってのは、まずありえないことです。

何よりもビジネスというのは
数字という言葉、言語を扱ってするものなので、
どんぶり勘定で、これは儲かっただろう、
これは損しただろう。なんて曖昧なことしてたら、
お金が足りなくなって一気に破綻して、
ビジネスがうまくいかなくなります。

また、コンサルしてる中で
非常に多い質問として、
「何を仕入れたらいいですか?」
「どの商品が儲かりますか?」
という事をよく聞かれます。

稼ぎたいし利益出したいから、
てっとり早く、その答えを教えてもらいたい
気持ちはよくわかります。

ですが、一番大事なことは
答えを教えてもらうのではなく、
答えにたどり着くためのプロセス、
方法を勉強する事です。

その為に、リサーチが大事になる訳ですが、
2つ目はシンプルに購入前のリサーチ。
3つ目の売上管理表つけるのは、
ある意味で、購入後のリサーチだって
分かりますかね?

商品を仕入れる前に、
利益がでるのかどうかを確認するのは、
誰しもやる事ですが、
購入した商品が、実際に利益出たのかどうか?
その答え合わせ、検証をするのが
売上管理表をつける。という事です。

その部分をすっとばして
利益を出せるようになれる程
甘くありません。

リサーチも、売上管理表も
同じ作業の繰り返しで地味だし、
誰しもやりたがらない事だと言えます。

でも、これは
野球選手の素振りと同じで、
イチローのような一流選手でさえも・・・。
むしろ、一流選手だからこそ、
地味な反復練習を欠かさず
繰り返す事で、地力を鍛え上げて
いるのです。

せどりに関しても、
ちょっとやって、結果がでなくて諦める・・・。
ではなく、そういった事をコツコツ続けて行くからこそ、
商品を見る目が自然とつき、
稼げるようになっていきます。

人の教えを素直に受け、
リサーチを続ける事。
これはせどりに限らず、
ビジネス全般に言える事なので、

ぜひ、これを読んでいるあなたにも
活かしてもらえたなら嬉しいです。

◆コンサルの利点補足

 
コンサルを推す。という訳ではないのですが、
自分自身、師匠についてもらった事の大きな利点が
あったので補足します。

自分1人でビジネスをやってると、
困難や試練にぶつかった時、
かなりの割合でやめてしまう人が多いです。

でも、誰かにお願いして
自分のビジネスをチェックしてもらうと、
詰まった時に的確なアドバイスが
もらえるので、障害を乗り越えやすいし、
ライザップでは無いですが、
結果を出す事にコミットしやすいです。

人間って、自分が人からどう思われるのかを
すごく気にする生き物なので、
「しっかりしてる人」とか、
「仕事できる人」みたいに、
自分の事を良くみせたい傾向があります。

だから、人にお願いしたり約束すると、
途中で挫折しそうになった時、
「ヤバイ、このまま諦めたらヘタレだと思われる」
みたいな感じで、悪い方向に向かう事に対して
ブレーキがかかります。

その習性も、うまく活用する事ができたので、
追伸としてお伝えしておきます。