物販以外の仕事をしようと思うが、なかなか出来ない、作業に追われて時間を作れない。

セドり作業の外注化で自由になれ

こんにちは、つっちーです。

今日は、せどどらーさんのお悩み解決ということで、
「物販以外の仕事をしようと思うが、なかなか出来ない、作業に追われて時間を作れない。」悩みに対して、つっちーがお答えしていきます。
よろしくお願いします。

物販以外の仕事、せどり以外の仕事何かやって
収入の柱を作ろうっていう風に思う人って
すごく多いっていうか、

僕もそうだったんで
その気持ちはよく分かるんですね。
 
 
作業に追われて時間を作れない状況を
解決するために何をすべきか?
っていうと、
シンプルに外注化ですね。

もう外注化以外ないと僕は思ってます。
それかスタッフさんを雇うとか、
要するに、自分以外の人にやってもらう状況を作るって事ですね。

せどりの作業を細かく分けると、
例えば、検品だったりとか、商品登録、梱包、発送、売り上げ管理表の入力とか、
色々あるんですけど、

それってほとんど多くのせどらーさんが、
自分でやってると思うんですね。
 
 
僕も自分でやってたんで、
すごくそれはよく分かるんですけれども、

それを、人に任せられるかどうかっていう事を考えた場合、
僕は全部任せられると思っています。
 
 
なぜならば、
僕らがやってる仕事っていうのは、
ある意味ですべてを、
アマゾンから外注されてるっていう概念が
分かりますかね?

アマゾンは、アマゾンというWEBサイトの
プラットフォームを用意してくれて、
お客様からの商品の注文が入ったら、
入金の管理、コンビニで払ったのか、クレカで払ったのか、
そういうのをチェックしてくれて、
お客様対応もフリーダイアルの番号があるので、
そこにかけてくれれば対応してくれます。

他にも、商品の発送とか、
そういった配送もやってくれるわけですね、
在庫管理とかも。

もちろん、アマゾン自身がメーカーと契約、卸と契約して
直接仕入れて、商品、自分で仕入れるっていう事があるんですけれども、

ちょっとその割合までは分からないものの、
僕らが商品を仕入れて、アマゾンに納品するっていう事、
アマゾン側から外注化されてるとも言える訳ですよね。
 
例えば、販売中止になったり、
生産終了になったりして、在庫が無いとか、
メーカーでも作らなくなって無い、
っていう商品に関しては、

アマゾンは、それを自分たちが店頭に行って
そういった掘り出し物を見つけて、
仕入れるって事はしないわけですよね。

メーカーで今作ってる現行品しか仕入れない。

だから、そういう掘り出し物の仕入れを
僕らに任してるような状況があるわけですよね。

それってある意味、アマゾンの立場にしてみると、
掘り出し物だったり、自分たちが網羅できない商品、
手の届かない商品の仕入れを
僕らに外注化している、
外に投げてるって事ですよね。
 
 
その報酬っていうか、その分、価格が高く売れたり、
アマゾンで扱ってない商品は無いっていうか、

アマゾンで探せば、ほとんどの商品がある。
っていう状況を作ってくれてるから、
お客様、一般消費者の方は、アマゾンにアクセスして、
商品を買ってくれる。多少の高値でも買ってくれる。
 
 
しかもアマゾンの信頼があって、オーダーすればすぐ届くし、
何か商品に問題があった時も、
返金とか返品の保証がちゃんとしっかりついてるから、
そこを安心に感じて、お客様も商品を買っていく状況が
あるわけですよね。
 

そういった部分で、
せどらーとアマゾンと持ちつ持たれつというか、
そういった部分があるわけですけども、
改めて、話がちょっと横にずれちゃいましたけど、
アマゾンは仕入れの部分を、
僕らに外注化してるってわけですよね。
 
 
せどらーやってる人のほとんどっていうのは、
「こういう風にやって下さいね。」
って、アマゾンの規約というか、
やり方の通りにやって、作業してますよね。
 
日本全国で、
どれくらいの数のせどらーさんがいるのかは、
わからないですけれども、

それにそう形で、何万人、何十万人という形で、
商品をアマゾンに出品・納品してますよね。
 
 
という事は、
自分が今やってる作業って、
ほとんど外注化出来るはずなんですよ。
 
でも、ほとんどの人っていうのは、
自分で仕事をする状況はは経験した事がありますけども、
その仕事を人に任せる、
っていう事はしたことないと思うんですよね。

僕も派遣社員あがりで、自分でせどりをやり始めたときに、
やっぱり一番最初は自分で全部の作業をやってましたから。

でも、せどらーさんからの悩み相談っていうか、
せろらー仲間に「悩みなんかある?」って聞いた時

やっぱり、
作業に追われて自分の時間が作れない
みたいな話はせどらーさんの中ではよく聞くので、

そうなった時に、
自分も同じ立場にいて、やっぱりその作業、
外注化、誰か人に頼めないかなっていう事を思ったわけですね。
 
 
外注って、クラウドワークスとか、ランサーズだったりとか、
お仕事を投げれるようなサイトで、
「納品とか検品の作業をしてもらえませんか?」、
っていう風にお願いしたりとか、

あと、僕は親にも相談してみたんですよね

「今こういう仕事やってるから、
納品の作業、もちろんお金を払うのでやってくれないか?」

って風な相談をしたりして。
ランサーズとか、クラウドワークスとか、
そういった外注サイトでお願いした時は、

主婦の方に、
「アマゾンへの納品の作業お願いできませんか?」
っていう形で、依頼した事はありました。
 
二人ぐらいお願いした事があるんですけども、
お二人とも半年ぐらいで、家庭の事情でやめてしまう
っていう状況がありました。

ただやっぱり、その半年はすごく自分自身もラクでしたし、
その分、自分しか出来ない作業に回れる、
仕入れに回ってその分、たくさん仕入れてお金を稼いで
それで稼いだ分で、外注さんにお給料をお渡ししてたので、

全然、作業効率とか費用対効果っていうの上がったんですね。
 

ただそこは、何度もずっと辞められちゃう
っていうのも困るので、
辞めてもいいようにマニュアルを作るだったりとか、
後は常に二人体制にするとか、
結局じゃあ僕はどこに落ち着いたのかというと、

発送作業に関しては、それを専門にやってる会社さんとかあるので、
アマゾンへの納品代行とかを専門にやってる会社さんとかがあるので、
そこにお願いするようにしました。

その他の諸々の作業に関しては、
今、自分の会社にスタッフがいるので
自分は本当にせどり全く触らず、
作業に時間を費やすことなく、上がってくる数字だけ見て終わり、みたいな。
作業ゼロみたいな感じで、売り上げがあがってるので
そういう状況を築けたっていう感じですね。

そういったスタッフさんとかも
今探せば、ネット上で探せば日雇いで、
ちょっと助けてほしいっていう風な人がいたりとか、

ランサーズとかクラウドワークスで、
近くにいる人を探して、そういう人にアルバイトに来てもらえないか?
みたいなことを、打診してみたりとか、

もちろん
お給料とかフィーはそのサイト経由で
お支払いするとかっていう状況があるんですけれども。

あと、普通に飲みに行ったりして、
そこで若い子とか、
東京だったらっていうのあるんですけど、

結構、俳優やってますとか、お笑い芸人目指してます
みたいな
そういった夢を追いかけてる系の人って多いんですよね。

そういう人って、急に舞台を見に行くとか、
急に仕事が入ったって形で、
イレギュラーな仕事が多いので、

せどりやってたら、
別に何時から何時までって決める事もなく、
じゃあ、「いついつの、2時間だけ来てね」
って、

イレギュラーっていうか、
融通が利く仕事のプランていうのが立てやすいと
思うんですよね。
 
 
特に、普通のせどらーで
個人事業主であったりとか、株式会社にしてたとしても、

「すいません、今日3時間だけ…。」
みたいな、感じの、臨機応変な対応が出来ると思うんですよね。
普通の会社よりも。そういった人を集めるとか、

あとは、主婦の人で3時間だけバイトしたいとか、
そういった人とかもいるので、
人に投げれる仕事は投げる、っていうのが大事ですね。
 
 
よく言われてることですけども、
稼いでる人のサポートをする仕事が、
一番儲かるよとかって言うんですよね。
 
 
どういう事かっていうと、例えば昔の話ですけど
昔、アメリカでゴールドラッシュっていうのがはやって、
要するに、金鉱脈を掘り当てる為に、
みんな鉱山に行って山を掘ったわけです。

で、その人たち向けに、
テントの布で作った丈夫なズボンを売ったのが
「リーバイス」なんですけれど、

リーバイスでズボン売ってた方が
実は金掘り当てるより儲かった。みたいな、
そんな話があるんですよね。

それと同じように、
今本当に、せどりで食べてる人とか、
せどりで仕事してる人っていうのが非常に多い中で、

それ向けに発送業務だったりとか、
売り上げ管理だったりとか、検品だったりとか、
仕入れとかもですけども、
代行でやってくれる業者とか
すごい、たくさんいるんですよね。
 

だからそういう風に自分の仕事を投げれないか、
って事を考えてみる、そういった概念、
考えを入れてみることが大事だと僕は思います。

自分が動いて自分一人でやれる仕事の量って
やっぱり限界っていうか、限りがあるので、

そういう風な形で、誰かに人に任せられないか、
まずはですね、身近な友達だったりとか、
家族だったりとか嫁さんとか…。

まあ嫁さんとかは理解が得られたら一番いいですけど、
彼女とか恋人に「ちょっと1,2時間だけ手伝ってよ」
っていう所から始めてもいいですし、

自分の知り合いでも
友達誘って、その友達がこの仕事すごくいいねって言って
結局、二人でやってみたいな人もいますんで、
それはそれで、分業が出来るんですよね。
 
細かい事は自分がやって、仕入れは相棒が専念して
みたない、分業が出来てるんですよね。

だから誰かにお仕事を任せられないか、そういう視点で。
 
 
もう一個大事なのが、勇気をもって任せてみるっていうことです。

せどらーあがり…。

自分もそうなんですけども、
しかも自分も完璧主義な傾向があるので、

仕事を任せられない、
自分以外にやらせたら、
上手く出来ないんじゃないかみたいな人が多いんですよね。

でもそこは、少ない量からでもいいので任せてみる、

そうすると、
何が問題点か?とか、
どうやったら上手く行くかっていうの、
分かってくるので、その一歩を踏み出せるように、
 
 
そしてですね、作業に追われないように、
あなた自身がいい意味で、いちせどらーから
経営者になっていけるように、
そういった視点を持ってもらえればと思います。