アマゾン アカウントスペシャリストから連絡メールが来た時の話

アマゾンアカウントスペシャリストから試されてる

 
アマゾンでせどりをしていると、
アカウントスペシャリストの方から連絡を頂く事があります。
その時の話をして行きたいと思います。

結論から先に伝えると、
アマゾン アカウントスペシャリストからの連絡というのは、
“試し”の部分があり、僕らは試されている状況がある。
と言えます。

そこらへんの事を、詳しく話して行きます。
 
 
◆アカウントスペシャリストの高圧的な態度
 
せどりをやっていて、アマゾンのアカウントスペシャリストから
連絡が来た事がある人は分かると思いますが、
 
その内容と言うのは、包み隠さず正直に言えば、
まぁ、「高圧的な印象」を受ける人が多くいると思います。
  
やれ、アレを出せ。コレを出せ。
いつまでに出せ。あと、何日までに出せ・・・。」
これが足りない、あれが足りない・・・。

などなど。
言葉は非常に丁寧ですが、
言ってしまえば、その言葉の真意というのは、
本音で語られている部分というのは、
上記のような印象を受ける内容となっています。
 
 
また、こちら側からの早急な連絡を求める一方で、
アカウントスペシャリストに返事をお願いしても、
その返事が返ってこなかったり、また同じテンプレートを
何度も送られる状況があるなど、

せどらーとして、納得できない部分がある事も確かです。
そして、そういったアマゾン側の対応に対して、
感情的になったり、イラっとしてしまう気持ちは
分からなくもないですが、そこで一歩引いた立場から、
物事を冷静に、客観的に見れる視点が必要になってきます。
 
 
◆アカウントスペシャリストからの連絡は、試しだと思え!

アマゾンのアカウントスペシャリストからの連絡というのは、
規約に関しての連絡だったり、その名前の通り、
アカウントや運営に関する連絡だったりします。

はじめて連絡をもらった時は、僕もちょーーービビりましたが、
内容をよく精査し、しかるべき対応をする事によって、
「今後は気を付けて下さい」という連絡をもらった事が
何度かあります。

僕としては、アマゾンのアカウントスペシャリストからの連絡は、
“試し”だと思っています。

どういう事かと言うと・・・。

人間だれしも完全ではないので、
何らかの形で規約に反してしまったり、
気付かない所でミスしてしまう事はあるものです。

そういった点に対して、
アマゾンアカウントスペシャリストから連絡をもらい、
「この部分を修正して下さい。」
「あの部分を訂正して下さい。」
と連絡をもらう訳です。
 
この時の対応をちゃんとみられている。
と僕は考えます。
 
  
というのも、
アカウントスペシャリストから連絡が来た時に、
そのメールに対して、全く返事を返さない人がいたり、
返したとしても、かなり遅くなってから連絡をしたり、

返事をしたとしても、その文章の内容が適当なモノだったり、
ビジネスとしての要素に書けているなど・・・。
 
そういった状況ではアカンなのです。
  
 
◆アマゾンアカウントスペシャリストは、あなたの対応を見ている
 
ぶっちゃけて言うと、アマゾンのアカウントスペシャリスト部門の方達は、
僕らに連絡をした時、どんな対応をするのかを見ている状況があると
考えられます。

連絡をしたら、すぐに返事を返してくれるのかな?
緊急の連絡にも、すぐに対応してくれるのかな?
違反があった場合、この出品者(会社)さんは、どれぐらいスピーディに動くのかな?
などなど、

個人事業主、法人として、どれだけ誠意を持って対応してくれるのか?
という事を判断しているのです。
 
 
にもかかわらず、
そういった連絡に対して感情的になって文句を言ったり、
連絡を返さなかったりしたら、そりゃーアカウントスペシャリストからしても、

「この会社は怪しいぞ・・・。」
「今後どうなるか分からないぞ・・・」

と思われて、アカウントの停止や削除に繋がってしまう事も
大いに考えられます。
 
 
逆の立場になって考えてみた場合、
僕らだって、仕事の連絡をして、
すぐに即レスしてくれる人と、そうじゃない人。

その内容が丁寧で、
言葉遣いがキレイな人と、そうじゃない人だったら、

即レスしてくれて、言葉遣いが丁寧で、
ちゃんと、ビジネスとしての部分を理解してくれている人と
付き合いたいと思うのは、ごくごく当たり前の事だと
思わないでしょうか?
 
 
僕自身は、そういう人と付き合いたいし、仕事したいと思うから、
アマゾンのアカウントスペシャリストに対してもそうですが、
他の人に対しても、ごくごく普通にそういうった態度で接している
状況があります。

誰しも、そういった対応をされれば、気持ち良いですしね。
 
 
◆アカスペの対応を、大きな視点から見れるようになる重要性
 
自分たちだけの視点で見てしまうと、
アカウントスペシャリストからの連絡に圧力を感じたり、
アカウントを停止、もしくは削除をチラつかせて
対応を迫るやり方に対して、率直に「ムカつく」という気持ちを
感じる人も多くいるでしょう。

実際に、ネット上に溢れている情報においては、
そういった言葉で溢れていますし・・・。
 
その気持ちは分からなくもないですが、
ここであなたに持ってもらいたいのは、アマゾン側の視点という部分です。
 
 
アマゾンからしたら、規約違反で溢れていたり、
無法地帯のようになってしまい、何でもアリのマーケット、モールになってしまったら、
荒れるだけ荒れて、成り立たなくなってしまう。

最悪の場合、アマゾン自体の営業が停止したり、
日本での業務が出来なくなってしまう可能性だってあります。
 
そうなった場合、出品者の一人が死ぬ・・・。
という事以上に、例えば、アマゾンが契約している配送業者に、
本来支払われるべき、何億、何十億という配送料が支払えなくなり、
何万人というドライバーさんの給料が減ってしまう。
 
アマゾンで販売している、
それこそ何十万人という数多くの業者が
かなりの金額の売上減少を強いられる。

アマゾンにて商品を購入している、1700万人前後の
利便性が損なわれ、
経済活動自体が停滞してしまう恐れがある。
(1700万人は、2017年現在の集計数)

もちろん、アマゾン自体の売上が減り、
その事によって、国に支払われる税金が抑えられてしまう。
・・・
などなど、

色々な要因が考えられる訳です。
 
 
もちろん、こちらに落ち度が何も無かった場合でも、
アカウント停止や削除になってしまうと、
それは個人にとって、生きるか死ぬかの問題でも
ありますし、認められない面がある事は言うまでもありません。
 
ただ、そういった物事の一部ではなく、
全体を見渡した視点で考えてみると、
何か怪しい部分があった時に、連絡を受けるというのは、
致し方が無い部分があるのかもしれません。

その当事者になった場合、
どうしても、自分の視点だけでしか
物事を見れなくなってしまう状況もアリがちですが、
そういった視点も持ちましょう。
という話です。

そして、そういった考えを持てるようになれば、
大きな視点で物事を考えられるよる。
 
大きな視点で考えられるようになれば、
あなたが提供するビジネスも大きくなり、
結果として、売上も利益も大幅に増える状況がある。
と言えます。
 
 
繰り返しになりますが、
こちらに何も落ち度が無く、もらい事故のような形で
アカウント停止、削除されてしまう話も聞くので、
一概に何が良くて、何が悪くて・・・。

という事は言えないのですが、
今回のお話は、アマゾン側の立場になって考えて見て、
「そういった視点もある」という事を
学んでもらえたならと思います。
 
でも一番は、規約違反にならないように
運営する事なので、それを守って
物販ビジネスを実践して行きましょう。